スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大学庭師倶楽部の概念

概念1
保護と利用 
人文環境や自然環境を守る為にその大切さを知る事から始まります。森林は川を通じ、海を育ませ、地球温暖化を防いでくれます。森林はレクレーションとして、人々に安らぎや憩を与えてくれます。森林はセラピー機能が有り、人々に心身の予防や回復効果があります。昔、森林と人は助け合い暮らしていました。その知恵は今、環境科学として、地球規模で見直されています。利用する事で保護し、未来に残して行きましょう。


概念2
 持続可能な環境計画
例えば森林を守る為に利用する。多様化に伴う資源を育て守り、活用する。林業技術や林材活用技術を地域資源とする。この行為が、観光や産業などに結び付き、地域の活性化を促し、その収益の一部を再び還元します。こうした自然環境や文化を守りながら発展できる計画を構築してください。


image004.jpg
 環境教育 
「保護と利用」「持続可能な環境計画」この二つを実践する事、それが環境教育です。子供は勿論、大人も、独自の科学・芸術・技術を身に付けてゆきます。こうした活動が地域の環境資源に対して更なる環境ポテンシャルを構築させる事になり、他への貢献や提供が可能になります。知的冒険の旅に是非出かけてください。


自然とのかかわり

人と自然の関わり・・・・・・
環境には自然環境と人文環境があります。
又、人と自然の関わりにはハードとソフトがあります。
更に、人と自然の関わりには正の数値と負の数値があります。
この部分について、地域の人文と自然を主体に造園学の観点から調査し、考え、活動して行く団体です。

自然力との共存共栄
自然力との共存共栄・・・・・・
森・海・川様々な自然に対して、昨今では「生物の多様化」や「森林の多様化」などに関心が高まっており、同時に自然は優しいものであり怖いものです。
先人の知恵や、自然科学の蓄積から、地形・生態系・文化の関連をlandscapeする団体です。



←内閣府認定・特定非営利活動法人ジャパン・フォレスト・フォーラムの主旨
東京大学庭師倶楽部の環境評価手法とは→
スポンサーサイト

東京大学庭師倶楽部の環境評価手法とは

私達は実践型の造園学を用いて、自然環境や人文環境に対し社会、地域、個人に対する貢献を目的にして居り、その方法として以下の手法を主に駆使し活動しています。

ゾーニング手法 
MAB計画の実施
マクロ・メソ・ミクロ視点の活用
現地調査主義

学術手法  
X軸として物理解析の尺度からの調査・研究・考査
Y軸として心理分析の尺度からの調査・研究・考査
Z軸として史実検証の尺度からの調査・研究・考査

活動手法 
初期段階としての調査活動
中期段階としての計画活動
後期段階としてのランドスケープ活動




調査とは、「人と自然の関わり」や「自然力との共存共栄」に就いて、対象または地域に対して環境資源の発掘から観光ポテンシャルの発見などの造園学的環境調査等を行います。

計画とは、環境の資源やポテンシャルに対して保護と利用、持続可能な環境計画、環境教育等のコミュニティー計画等を構築します。

ランドスケープとは、坪庭から、観光スポット、自然公園、更には国立公園のまで人と森林に関わる心地よい空間の設計計画等を作成します。

環境アセスメントとは、地域や森林に対して人文環境・自然環境に対して、1年先、10年先、100年先への予測等を行います。

学術研究とは、環境・森林科学・造園学等をキーワードとして、専門チームによる研究・発表・講習会・環境教室等を行っています。



←東京大学庭師倶楽部の概念
森林療法の現状と魔女文化の展望→
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。