スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大学庭師倶楽部の環境評価手法とは

私達は実践型の造園学を用いて、自然環境や人文環境に対し社会、地域、個人に対する貢献を目的にして居り、その方法として以下の手法を主に駆使し活動しています。

ゾーニング手法 
MAB計画の実施
マクロ・メソ・ミクロ視点の活用
現地調査主義

学術手法  
X軸として物理解析の尺度からの調査・研究・考査
Y軸として心理分析の尺度からの調査・研究・考査
Z軸として史実検証の尺度からの調査・研究・考査

活動手法 
初期段階としての調査活動
中期段階としての計画活動
後期段階としてのランドスケープ活動




調査とは、「人と自然の関わり」や「自然力との共存共栄」に就いて、対象または地域に対して環境資源の発掘から観光ポテンシャルの発見などの造園学的環境調査等を行います。

計画とは、環境の資源やポテンシャルに対して保護と利用、持続可能な環境計画、環境教育等のコミュニティー計画等を構築します。

ランドスケープとは、坪庭から、観光スポット、自然公園、更には国立公園のまで人と森林に関わる心地よい空間の設計計画等を作成します。

環境アセスメントとは、地域や森林に対して人文環境・自然環境に対して、1年先、10年先、100年先への予測等を行います。

学術研究とは、環境・森林科学・造園学等をキーワードとして、専門チームによる研究・発表・講習会・環境教室等を行っています。



←東京大学庭師倶楽部の概念
森林療法の現状と魔女文化の展望→
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。