スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌0号


住田ふるさと

2012年度、東京大学庭師倶楽部の活動である「知的冒険の旅博物誌」に就いて、今回はNPО法人ジャパンフォレストフォーラムの実践活動と、厚労省認定の職業訓練校である環境ラボジャパン、ポーランド魔女文化チーム・岩手大学の友人、日本環境財団、東北地域の青年団、東日本大震災後の森林から始まる復興計画と林業地域の活性をテーマに、『住田ふるさと夢学校』を中心に活動を手伝い、岩手県住田町と近隣地域を主体として「神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌」と題し、活動報告を行って行きたいと考えています。
 
 コアとなる住田町に就いては有住(アリスと読みますが、元々先住民の言葉で神の居る山の様な意味)と、世田米(セタマイと読みますが、元々先住民の言葉で狼の住む谷の様な意味)という名の地名が有り、この「有住の住」と「世田米の田」を合わせ「住田町」という町名になったそうで、「先人の知恵に学ぶ地域復興」には大変ふさわしい地域です。

 事の始まりは2011年3月11日の東日本大震災直後より行って来た救援活動を通じ、日本環境財団さんのご配慮から当団体らが福島から岩手まで北上を続ける中で、岩手の山間部に辿り着いた事から知的冒険の旅博物誌は始まりました。
そこでは、森林日本一の町を目指しており、地域材と地域技術で「純日本性」の木造避難住宅を作り、被災された方に提供して人に安らぎを与え喜ばれていました。
この行為は東京でも高い評価を得て居り、そこで知り合った一人の青年(佐々木康行氏)との交流から「被災地を森から元気にして行こう」という話になり、学校という名のコミュニティーから気仙地域全体の地域活性を行い、岩手大学と住田の地域資源の活用から供給と活性の輪を広げて行く方向性を打ち出し『森の学び舎・住田ふるさと夢学校』として24年度は11のカリキュラムを開校して行く事になり、私達も参加させて貰って居ます。

ここで特筆したい事は、以前より東京大学庭師倶楽部がワルシャワ大学との公式研究として来た「魔女と造園学」(魔女とは、東ヨーロッパに住む先住民の事で、自然科学を生かした独自の森林文化を継承し、人と自然の関わりや、自然力との共存技術の蓄積から、自然界の5つのエレメントを使い地球環境に寄与貢献出来る文化全体を総称しています)の活用により、文化交流から地域独自の先人の知恵を合わせ、活性させる目的がある事です。
以上、本活動記録を今後順次にカリキュラムに準じ知的冒険の旅を紹介して行きます。
24年度住田ふるさと夢学校への参加計画は以下の通りです。
夢学校

活動計画

住田ふるさと夢学校・24年度の基本的な活動日程は以下の予定で進みます。

講座名
灯篭流し
村おこし
本計画は森から始まる被災地復興の理想型プロトモデルとして早期に構築して頂く為、先陣となる住田プロトタイプの認知広い認知が必要となります。
この為に、少しでも被災地の力になれればと考え、今回私たちのサポート活動を「神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌」として東京大学庭師倶楽部のホームページに随時掲載してゆきます。
※調査項目・幾度かの「村おこし」の経験上、通常は調査・計画・landscapeとして3年の歳月を要しますが、今回は被災地特例の為、急を要す性質があり、並行して行う意向です。

※調査項目・幾度かの「村おこし」の経験上、通常は調査・計画・landscapeとして3年の歳月を要しますが、今回は被災地特例の為、急を要す性質があり、並行して行う意向です。

「神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌」5月18日~5月20日迄の報告
住田ふるさと夢学校開校ガイダンス /森林資源を活かした街、住田町の歴史と魅力に就いて・・・・・
野宿
よくある話ですが、知的冒険の旅の始まりはこうした野宿から始まります。
別にルンペンさんを撮影した訳ではありません。
5月19日朝、水沢江刺駅の広場をお借りして仮眠する東京大学庭師倶楽部の宮主任研究員です。
東北の春は未だ少し寒い感じですが、桜が咲き、風が爽やかな朝でした。

第一回カリキュラム実施前
この後、住田町にお邪魔しました。
会場では早速「住田ふるさと夢学校」の代表を務める佐々木康行氏が汗だくになって準備を進めていました。
古き良き時代の校舎の中で、これから手作りの学校が始まる感じで何処となく宮沢賢治の世界を感じます。
写真は第一回カリキュラム実施前の1コマです。
佐々木康行さん、ご苦労様でした。

佐々木さんの御尽力で無事開校です。
宮主任研究員が中央に立って造園学の話をしています。
この後ガイダンスをしてくれた佐々木さんの隣に立つ、環境ラボの片野校長が地域資源と産業活性の話、その隣のNPO一ノ瀬先生が森林の水資源活用の話、そして撮影しているNPO植理事が森林材とエコハウスの話をさせて貰いました。
★とても価値ある話★・・・森林資源を活かした住田町の歴史と魅力・講師:菅野 剛氏・・・
菅野先生

森林や気仙川などの豊かな自然に囲まれた、住田町の人々の営みや産金や旧宿場町として栄えていた町の歴史など住田町の魅力についてお話しいただきました。
菅野先生は長きに渡り、住田町の町長を務められ、その後も豊富な経験から実践型林学を伝え、大学や地域に寄与貢献されています。
実はこのお話が大変素晴らしく、感激しました。人と森林の関りや、森林力との共存に対して実に優れた実践的森林科学として、今回の知的冒険の旅博物誌に是非記録したいと思い、物理・心理・史実の観点から纏めてみました。
・物理的解析軸
ドイツのP・V・ザーリッシュ博士の言葉に「美しい森林は施業を育む」という一節がありますが、住田地域の山林景観はとても美しく、その根拠には地形・気候・植生・林業効率等の面から数値を解析整理した形で、人工林と自然林の比率が形成されており、まさに日本の森林美学として理想的な林業空間を形成する物理的論理の上に成り立つ事が伺えます。
・心理的分析軸
近年、森林の多様性・森林遺伝子の多様化が盛んに言われていますが、人と山林に対する認識や文化に対しては様々な考えがありますが、森と林の違いを五感で認識し「森林」と書いて「もり」と読む感性が地域文化の中に育まれている事に森林に対する哲学を感じます。
・史実的検証軸
人と森林の関わりや、森林力との共存に就いては、町営の森林として共有意識を持ち活性させて行くという歴史を持つ事で、日本人本来の価値観と近代的な森林資源の活性を共有させる歴史があり、まさに森林日本一の町として、大変参考になる史実を構築しています。
・哲学
今回特筆したい事はこれらのお話の中で「都会は急ぎ過ぎる、雪の中では急ハンドル・急ブレーキ・急加速は禁物、地方はゆっくりだけれど確実に仕事をしている」というお言葉です。
これは林学者として感じていた事ですが、都会の人は1の事を知ったら直ぐに10の事が出来ると思い込んでしまい、10の事を知ったら1の事を行い確実に前に進む事の大切さを忘れており、特に戦後の日本経済の発展の中にその愚かさと浅はかさを常日頃感じており、時間とお金と人を支配し求め、何も残らない都会人が国を衰退させ、自然の摂理と文化の中に確実な発展を求める地方人が国を発展させると一喝された感じですが、本来の日本文化の姿が、地方都市に残っていた事に心地良い爽やかさも感じ、知的冒険の旅に記します。

シロクマではない
翌朝、噂の月の輪熊を見に行きます。
決してシロクマではありません、又当然ぬいぐるみのクマさんでもありません。
まぎれもなく白いツキノワグマです。
アテルイの大地、宮沢賢治の世界であるセタマイとアリスですから、その位の不思議が有っても当然です。
この街では白いカラスが捕獲され、白いオオカミの伝説も在る様ですが、地元の人は特に気にしていません。


春の初心者コース
昨日大活躍の佐々木康行氏、本日は住田森林の案内人として活躍しています。
鉈一本持で森の中を歩き、ガイドをしてくれる佐々木氏は昨日とはガラリと変わり、住田町のランボーと化しています。
この日は宮沢賢治の好きな山と住田の森林を案内してくれて、住田の植生に就いても説明してくれました。
本日は春の初心者コースですが、他にも多くのバリエーションがあるそうです。

今回は「住田ふるさと夢学校」の開校と第1回目のカリキュラムを開催され、座学・フィールド共に大変充実して居り、被災地の方や他県からの一般の方の参加も大歓迎だそうで、御勧めです。
是非、2回目以降を楽しみにしていて下さい。
以上・「神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌」として記録します。

知的冒険の旅・編集後記
・今回の活動では、春風の野宿体験・住田ふるさと夢学校開校・カリキュラムガイダンス・菅野氏の森林美学講習・地域資源と文化技術の交流・NPОの紹介・環境ラボの紹介・水資源の活用案提示・古民家再生案の提示・地域産業活性案の提示・住田森林の案内人体験・その他24年度運営方針の打合せ・等を行い、新領域創成として東京大学庭師倶楽部による学術サポートに留まらず、NPОや企業とのコラボレートから官・学・民の協力体制をとる事により地域活性の兆しを実感出来ました。


←大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌4号
神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌1号→
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。