スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌2号

2012.7.21

糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(1限目)
1・外国から見た日本・地方都市・糸魚川ジオパーク
・観光の語源とは、国に光を当てる事だそうです。
 日本の地形や文化の特徴を多く持つ糸魚川にとって、外国を学ぶ事で改めて日本の良さ、地方都市の良さ、糸魚川ジオパークの良さが見えてきます。
・今回の比較題材とするポーランドは、ヨーロッパ最後の原生林を再生させ、戦火による被害から街を再生して、世界遺産にした国の話です。
2・スライドを見ながら考査してほしい視点とは以下の内容でした。 
人と自然の関わり
人と自然の関わり(自然の形状を生かしたデザインは糸魚川の古民家の梁にもあります)

自然力との共存共栄
自然力との共存共栄(かつて糸魚川も牛が輸送手段でした、今は自然の多様性や遺伝子の多様性が糸魚川にもしわれています、この辺についてポーランド人はとても上手く暮らしています)

持続可能な環境計画
持続可能な環境計画(自然再生エネルギーの宝庫はポーランドより森と起伏の合体した糸魚川に多く眠っているそうです)

保護と利用の概念
保護と利用の概念(レクレーションやツーリズムの先にあるアカデミズム、更にその茶木に在る環境資源の保護と利用は万国共通の概念のようです)

環境教育の在り方
環境教育の在り方(単に机上の論に終わらない日本の風光明媚を一箇所に集めたような体験プログラムこそ糸魚川のジオツーリズムな学習としてポーランド人も絶賛しています。さてその茶木をどうするか、今後の課題です。)


糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(2限目)
1.論文のテーマをどの様にするか、考えてみましょう。・・・・・・・・・・「例」として論文のテーマを「たとえば・・・の研究」のような言い回しとして、以下の実例でお話しました。
・私は、糸魚川の植物や花が好きなので庭造りがしたい・・・・
『糸魚川地域の石と植物を使ったガーデニグに関する研究』
・私は、森林の動物に興味があり地域に住む小動物を紹介したい・・・・・
『月不見の池における小動物の特性に関する研究』
・私は糸魚川の鉄道や風景写真が趣味なので論文にまとめたい・・・・・
『糸魚川市内における17の駅に関する風景の特徴と仰伏角の考察』
・私は、食べ物に興味があるのでこれを題材に何かしたい・・・・・
『ジオパークの農林水産物によるオリジナルレシピの開発研究』
・地域のジオサイトに来てもらいたいが事故が怖いと何時も思っている・・・・
『○○ジオサイトを題材とした観光地の安全性と快適性に関する研究』
・実は糸魚川にはジオサイト以外にも面白いところがあるので知ってほしい・・・・・
『糸魚川における未開発資源の発見とツーリズムへの活用を目的とした地域研究』
・糸魚川産の煉瓦を使った土木技術と建造物を伝承したいとおもっている・・・
『親不知地区におけるトンネルの煉瓦素材と土木構造に関する史実研究』
・奴奈川姫や風土について物語を作りたい・・・・・
『文学研究・物語を用いた風景・風土・伝承に関する地域調査報告』
・もっときれいな翡翠を見つけたい・・・・
『海面からの視点による翡翠産出地域と発見実績に付随する山間形状の史実関係解析』


海面からの視点による翡翠産出地域と発見実績に付随する山間形状の史実関係解析
本日2限目の風景


糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(3限目)
本日は植先生・・・・・
ジオセラピー
1・糸魚川自然力の住まい
糸魚川自然力の住まい
糸魚川自然力の住まい2
ジオセラピー2
・本来あった人と木の良好な関係
・糸魚川の古民家
・糸魚川にある海の家と山の家
・国産材と国産技術の大切さ
(エコハウスの話が終わった跡で初めてジオセラピーに移る)

2・ジオセラピー
講師は木村先生
森林セラピーとは・・・・
整体学とは・・・・・
ということで、
海・川・山を使ったジオセラピーの可能性についてお話をさせて頂きました。
(ジオセラピーについては、現在市内にてヒスイ・ヒスイ峡・ヌナガワヒメをキーワードに幅広いヒーリングを研究中です)




7月22日特別講義


集合場所
ホーム煌
(その後、姫川河口付近)
開催日時
7月22日13時10分~16時30分位まで
(外歩きの為、時間は大凡の目安にしてください)
ということで第一回目の野外事業を行いました。
7月22日特別講義
災害における避難場所や避難方法について話しました。
7月22日特別講義2
有事に用いるロープワークなども実践しました。
7月22日特別講義3
河川ではみなさん積極的に行動してくれました。
都心の野外事業ではこのようには行きません、さすがジオパークの住人です。
写真はアフターのセラピー風景です。


←大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌1号
大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌3号→
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。