スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の頂・狼の谷2012知的冒険の旅博物誌2号

さて、本日の「住田ふるさと夢学校」は、昨日の魔女ケーキに続きジオ探検です。
「ジオ」とは「大地」という意味ですが、元々岩手県はリアス式海岸や、深い山岳地帯に囲まれた地形特徴が有り、生態系や文化を含め風光明媚な土地柄です。
私達は世界ジオパーク認定日本第一号の糸魚川市で研究を進めさせて頂いている関係から、今回は岩手県気仙地域のジオについてお話をさせてもらいました。


しか
0号で紹介した色いツキノワグマに続き、白い鹿もいます

火縄銃の産地
又、火縄銃の火縄の産地で伝統を受け継ぐ鉄砲隊も活躍して居ます
実際見ると、とても迫力があります、是非住田を訪れてください。
住田町観光協会の佐々木氏も鉄砲隊の一人です。

震災後初の洞窟探検です
震災後初の洞窟探検です

さらに奥に行きます
さらに奥に行きます

温度は10度くらいです。
温度は10度くらいです。

湧水も飲めます(かってにのんでいます)
湧水も飲めます(かってにのんでいます)


地域での講義
その跡地域での講義のテーマはジオパークです、震災で一時中断していましたが再び盛り上がり、糸魚川にて研究を行って来た関係でお話しさせて頂きました。
宮沢賢治先生のお話によれば、岩手には不思議な文化が有り、生態系も独特で、地形も個性的です、是非ジオパーク候補地へと願っています。

夜は昨日に続き飲み会です。
夜は昨日に続き飲み会です。
皆さんに大変親切にして頂き感謝いたします。

佐々木さんお疲れ様です。ありがとうございました。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。