スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌8号

2012・9・16
昨日に続き本日もカリキュラム開始です。
本日も暑い日が続きます。
さて、探検です。
糸魚川の某所(わけありで内緒の秘境です、仮に化石谷とします)に今日は化石採集です。
もしかしたら恐竜の化石があるかも?という期待を抱きトレジャーツーリズムの開始です。
糸魚川の某所
「山で最も大切な事は安全第一です」・・・早速森林動物に詳しい、小杉氏に森林の危険動物についてレクチャーをお願いしました。当カレッジ出身の第一号講師の誕生です。
小杉氏の話によればこの時期はクマも怖いが、スズメバチには要注意との事です。
秋の生物は気が立っている、決して攻撃(刺激)をしてはいけない、静かに下がる、黒い色は昼間危険、等の大切な対処法を学び、全員無事に下山できました。(小杉さん、ありがとうございました)
化石谷
林道をしばらく行くと化石谷につきます、現場はかなりの急斜面です。
この場所は「フォッサマグナミュージアム友の会化石研究グループ」の皆さんから教わりました。
あらかじめ、緊急時のザイルだけはかけておく必要があり、準備を整えているところです。
化石の採集
いよいよ化石の採集です。次々と受講生の方が山へ登ります(ほとんどクライミング状態です)。
しかし何故か皆さん、足取りが軽く、慣れているようです、さすが糸魚川人、脱帽です。
仲間達が個々に化石を採集して帰ってきます
一時間もすると散らばった仲間達が個々に化石を採集して帰ってきます。
それぞれの思いを袋
皆さんそれぞれの思いを袋に入れてきました。
植物?二枚貝?三葉虫のような物?そして石の欠片…この彼らが後で大発見になります。
化石谷での集合写真
(某所)今回ここを仮に「化石谷」と呼びます。
活動内容については9月16日(日)の化石採集の為、道路の使用許可、化石採集地の土地所有者の方への御理解と了解を頂き予定通り決行。
道路は市が管理しており、現在工事に入っている業者さんへの連絡は済んでいます。
これらの行為に就いては、フォッサマグナミュージアムの茨木学芸員が活躍してくれました。
又、この化石の産地は、「フォッサマグナミュージアム友の会化石研究グループ」(友の会の中で特に化石の好きな人の集まりです)が見つけた場所で、色々と情報提供をしてくれました。
皆さん有り難う御座います。

特に準備して頂く大切な事(今後化石採集へ行く方々へ)
・森林内の危険動物の基礎知識
・緊急時の車両通行可能地域確認
・化石産地のあたりにおける落石注意。
・化石採集後には、割った石は林道脇によせる。
・携帯電話の届く範囲の確認をしておく。


特報・・・・
なんと、新発見がありました。
先ほどお話した欠片のようなものです。
本日参加のどなたが発見したかわかりませんが、かなりの化石マニア。
私には石の欠片にしか見えませんでしたが、後に学芸員の説明を聞き見て見ると当に化石です。
ついでに個の化石がる事で、海竜(海の恐竜のような物の化石発見の可能性もあるとの事です)驚きました。
今迄この地域では二枚貝や植物の化石が主体の地域でしたが、次回お見せいたします・・・・・次回お楽しみに。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。