スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌9号

2012.10.5
野外カリキュラム特別講義
魔女さんが教えてくれたアロマの製法の基本的な抽出方法
アロマの製法の基本的な抽出方法
活動内容
・前回の野外活動で皆さんの採集した草花をポプリにしていますので、糸魚川産アロマと合わせて蝋燭を作ります。
・実際その蝋燭を使い、長者ヶ原において月光欲をしながら、セラピーを体験します。
・同時にヒーリング効果と、ヒーリングスポットについて科学的な数値測定も行ってみます。
糸魚川の花
当日糸魚川にはこの様な花が自生していました。

そこで糸魚川産ヒーリング蝋燭はこんな感じで作りました。
蝋燭製法1
蝋燭製法2
蝋燭製法3


昼間の長者ヶ原遺跡跡公園とはこのような処です。(平均-イオン約5.5)
今日の活動前の基礎知識一覧表①
応用基礎知識
日時・
2012年10月5日午後3時~午後7時30分位迄(曇り時々雨のち晴れ・何時もの糸魚川気候です)

注意事項・
ムーンセラピーを行うため夕刻から夜間になります。
当日は暗いので十分注意してください。
水や食料などは各自で持参してください。
公園内は夜なので単独行動は避けてください。

特記事項・
・今回のアロマは糸魚川産のローズから抽出したアロマを使いました。
・今回の-イオン測定では最大値-18.68(長者ヶ原平均平均-5.5)を記録しています。(揺らぎにつきましては前回の雨の日よりゆっくりと大きいものでした)
・今回は片山氏により長者ヶ原遺跡と縄文文化について講義してもらいました。
当時の生活、海の航海技術と交流、火炎土器等様々な文化について語ってくれました。
これらの講義からロストテクノロジーについて縄文文化はかなり優れた文化でであり、「eco・life」という部分に関しては現代人よりかなり科学的です。
こうした縄文文化で私は「いはぶえ」の事がとても気になっています。
これで当カレッジ二人目の講師が誕生しました。
片山さん有り難うございました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。