スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の頂・翡翠の谷2012知的冒険の旅博物誌10号

2012.10.6
糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(1限目)
磯崎式3軸環境評価手法
今回も堅い話で済みません。
さて、今回は「磯崎式3軸環境評価手法」についてお話します・・・・この手法に就いては2008年~2009年にかけて実際に糸魚川地域に於ける環境資源に対して、環境ポテンシャルの発見を行うにあたり環境資源から地域独自のポテンシャルを発見する手法として行ったものです。
この手法に就いて、仮にX軸・Y軸・Z軸、そしてそれらを総合した3軸の4つに分けてお話します。

X軸・物理的解析手法解析を行うに当たり、物理的な物質(山、海、川、湖沼、崖、建築物、動物、植物、魚類、等々)をX軸と称して話を進めます。
Y軸・心理的分析手法に就いては、対象物を見たり、聞いたり、その場所に存在したり、また触れたり、食したり、人が五感や体験比較で感じた時の心理的な反応結果をY軸と称します。
Z軸・史実的検証手法とは、Xの値、Yの値の結果から導かれるその交点により評価される値に対して現在の環境のままで良いか、改善する余地や方法が有るや否や、その対処方法に就いては更に Z軸と称してこれを用いて、その結果を評価します。
このZ軸とは、明治以降今日まで発達し続けている『造園学』の歴史や、その哲学思想をもって、最終提案を評価することです。
3軸・さらに、3軸に於ける総合考査を行います、ここでは上記X・Y・Zの3軸解析手法を採用して、縄文・神話から伝わる歴史文化に支えられた祭典や神事、奴奈川姫、匠の技の継承、糸魚川独自の食文化、新潟県人気質に沿った糸魚川の街創りなど、今後の糸魚川地域の持続可能な環境計画としての発展に寄与すべく、学術調査団を結成の上で東京大学庭師倶楽部による独自の科学調査解析を取り入れ行ったものです。 
・・・・今回も難しい話で済みません・・・・
今の話を図に現すと、下記のような感じです。
今の話を図に現すと
糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(2限目)
本日は東京糸魚川会から当糸魚川ジオパークカレッジの設立から参加してくれている地元講師でジオパークガイドの寺﨑氏の講義と、NPOジャパンフォレストフォーラムの植により2限目の講義を担当してもらいました。

・寺崎カリキュラム
1・翡翠以外にもある糸魚川の珍しい石・・・・・・
白い中に青緑の入ったヒスイのような石で、「デュモルテ」と呼ばれるなんだかフランス語みたいの名前の石です。
2・西浜七谷とは・・・・・・・
別名頸城七谷(中には八谷とする説もあるそうです)についていったいどの範囲を指していたか、どこまでを一つの谷敏孝、100年前までは実際に存在した地名が謎になっている歴史的ロマンについて紐解く話です。
本日の話は大地の公園にちなんだ話で珍しい石についての発見談や、糸魚川地域の歴史の中で云われて来た7つの谷に纏わる歴史的変遷をひも解く話等、少ない時間で解り易く大変興味深い講義してくれました。
寺﨑講師
講義中の寺﨑講師




・植カリキュラム・・・・・
植カリキュラム
1. 都心の住宅環境
2. 糸魚川市の住宅環境
3. 住宅が人に与える影響(木の建物とその他の建物)
4. 地域にふさわしい住宅
5. 都心部の求められている住宅
NPO理事である上の話は、森林と林材の話や、技術と自然保護、大都市と地方都市について人間が人間らしく住む「家」ではない「住まい」の価値が糸魚川にはあり、その建築技術が糸魚川だけではなく日本をシックハウスから人々を助けるという熱い話でした。
今日はシリーズ物の第一回の講義です。

糸魚川ジオパークカレッジ講義概要(3限目)
1. 化石発見のお知らせ
前回の化石探検に於いて、今迄報告されていない化石が発見されました。
茨木学芸員のお話ではアンモナイトの化石が地層から出たということで、海竜(海に住む恐竜)が発見される可能性も出てきたとの事です。皆様ご協力有り難うございました。
アンモナイト
実際に採集したアンモナイトの化石はその地層端攻めての報告で、今後海竜が発見される可能性が化石谷に出出来ました。(約2㎝×1.5㎝×0.5㎝程度・ジュラ紀)

2. 論文の仮題
※新たに2名の方が仮題を発表してくれました、又同時に2名の方が今までの論文を再考査して、 精度をあげてくれました。
 皆さんご協力ありがとうございます。
仮題
・新たな仮題
・(糸魚川地域に於ける古代文化ヌナガワヒメに関する地域の伝承と糸魚川の文化研究)
・(糸魚川地域に於ける地形や生態系と谷の形成による独自の東西文化の存在に関する研究)
・新たな再考査
・「長者ヶ原遺跡の縄文土器と周辺地域の縄文土器との比較研究」に関する再考査
・「糸魚川ジオパークにおける地形を利用したアスリートの育成と民間企業の活性に於ける相乗効果に関するメカニズムの研究」に関する再考査

3・ジオパーク検定勉強会
・今年の検定日も近づいてきました、初級受験の方お一人ずつ(講師らによる回答も含む)、問題を読み、回答を読み、答えを導きました。
この時、選択した答えが正しいと思われる理由も述べ、ジオパークガイドの方や上級者の方もおられますので、答えについてフォローや補足説明もして頂きました。
おかげさまで配った31問までクリアーしました。
皆さん有り難うございます。
この後も新しいプリントを配ります、皆さん11/18日に向けて頑張りましょう。

・・・・ご参考までに・・・・

第4回 糸魚川ジオパーク検定(初級・上級・達人級)
■実施日時/平成24年11月18日(日) 13:30~15:15(12:30開場)
■申込期間/平成24年9月18日(火)~11月2日(金)必着
■会場/ 1.糸魚川会場(ヒスイ王国館/JR糸魚川駅横) 2.東京会場(糸魚川市東京事務所/東京都千代田区内神田1-5-1トライエム大手町ビル7F)
私も含めて皆さん頑張りましょう。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。